Yokosuka海道ウォーク
  • Facebook
  • Twitter
  • Twitter
  • ホーム
ホーム  >  実施要項

開催趣旨

Yokosuka 海道ウォークは、三浦半島観光再興プロジェクト「青木塾」に学んだメンバーが、三浦半島地域の経済活性化や街のにぎわいづくりを目的に、新たな観光振興に取り組もうと始まりました。
現在は、市民、企業等の民間ボランティアによる「手作りのウォークイベント」として実施しています。
これまで6 回の開催では、参加数は延べ14,000人を超え、参加者アンケートでは「次回開催すれば参加したい」と回答した人が毎回90%に上るなど、県内最大級のウォークとして定着しつつあります。
実施については、三浦半島への集客に多大な影響力のある京浜急行電鉄、地元経済を支える、かながわ信用金庫、湘南信用金庫、横須賀の二大ウォーキング団体、地域活性化に意識の高い団体・事業者、さらに神奈川県、横須賀市、横須賀商工会議所、横須賀市観光協会、神奈川新聞社などで実行委員会を組織して取り 組んでいます。

これまで7回の開催では参加数は延べ16,500人を超え、参加者アンケートでは「次回開催すれば参加したい」と回答した人が毎回90%に上るなど、県内最大級のウォークとして定着しつつあります。

第8回目は残念ながら新型コロナウイルス感染拡大防止のため延期になりましたが、2021年秋に横須賀市主催の浦賀イベントと連携しての開催を目指します。

主催者としてはさらに多くの民間企業、団体等と連携を深め、海道ウォークを三浦半島・横須賀市に欠かすことのできない「風物詩」へと発展させるよう努力を重ねていきます。趣旨をご理解いただき、さらなるご協力をお願いいたします。
皆さんのお力で横須賀をはじめとする三浦半島の元気を創造していきましょう。

以上

pdfを見る

ページの上に戻る